×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ROLEX116400レプリカ復活

ロレックス ミルガウスはモデルNo.1019の時計で、対磁モデルのX線のような特殊なものを扱う職業の技師の方達のために1958年にファーストモデルが開発された少し特殊な時計で生産本数が少なく80年代後半に生産中止になってしまったウォッチの事です。その威力はなんと1000ガウスじきにも正常で機能する事ができる特殊な時計ということからミルガウスという名前になったといわれていますあまりにも特殊すぎてロレックス社のプロフェッショナルシリーズの中で唯一製造中止になったのが、ロレックス ミルガウス(116400gv)には1950年〜1980年にかけて生産されファーストモデル6541、セカンドモデル1019の2タイプがあります。この時計の特徴はなんと言っても雷のように稲妻(イナズマ)のかたちをしたイナズマ針でしょうどことなくエクスプローラ2のブラックカラーに似ているところがなんともいえないカッコよさがあります。一般の人たちにもロレックスのミルガウスが受け入れられる時代がきそうな予感

べゼル回転無し

ロレックス ミルガウスは生産期間が短い上に用途が特殊と言うことから、本数なども少なくファーストモデル、セカンドモデルともに恐ろしいほどにプレミア価格がついています。実物をアンティークの時計店の店頭で見ることも難しいくらいのレアな時計といっても過言ではではないでしょうか。この時計のRef.6541には種類も豊富でエクスプローラー2やデイトナ、デイトジャスト、サブマリーナなどの時計にみられるべセル部分の回転をするモデルが多いですが、ロレックスのミルガウスにはデザインで、イナズマ芯が栄えるシンプルなべゼルが回転しないバージョンも存在しているようでこれもかなりのレアな時計となっていて物凄い生産期間などもかなりの短い期間で、ごく少数しか生産されていないという事からかなり希少価値が高いROLEX社の時計になっているようです。というよりはミルガウス自体アンティークとしては、デイトナポールニューマンモデルと同じくらいの希少価値がありそうですけどね。中古で買取なんてしてもらったらいくらになるんだろうか

べゼル回転あり

ロレックスミルガウスのファーストは、エクスプローラー2やデイトナ、デイトジャスト、サブマリーナなどの時計にみられる最も一般的なROLEX社のディテールになっていて時分針のドルフィンハンド、イナズマ型をした特殊な形状の秒針、回転ベゼルがきわだったデザインになっていてロレックスのミルガウスはべゼルの回転が両方向(時計周り反時計周り)の時間経過を記録するミニッツレコーダー機能が搭載されている。今回復刻された形状は、REF.116400は、自動巻き式SS製で、100m防水で、約8万A/mの耐磁性を持つ特殊用途仕様のモデルと今までの製造されたミルガウスの時計に引けをとらない復刻となっている。そもそもミルガウスのミルとは、フランス語訳すと1000と意味だそうです。なかなかネーミングにも凝っているようですね。いまは家庭や外ににもかなりの磁気を発するものが大量にあるので、ロレックスの耐磁気モデルのミルガウスは今後人気がでそうな予感。ちなみに同時期にヨットマスターUも復刻されているようです。ミルガウスなんてGVじゃ無かったから只のパーペチュアルノンデイトと同じではなんて言う人も結構いるみたいですがインナーケースや構造なんかは随分違うみたいですねGVはロレックスが本社をスイスへ移転してから100周年の記念モデルというだけあって人気もあるみたいです

Copyright © 2007-2011 ロレックス ミルガウスがレプリカ